株式会社ヒロ・コーポレーション ホームへ
店舗物件所有者の方へ
 
店舗物件所有者の方へ

空き店舗情報は、
居抜き店舗物件仲介専門のヒロ・コーポレーションにおまかせ下さい。



出店戦略の現状

近年、空き店舗の建物を改装して利用する、居抜き使用の店舗が多く見られるようになりました。

景気動向が不安定な今日において、新築店舗での開業に比べ、出店コストを抑えられ、開店までの期間の短縮もできる等、開業者の方々にとっても、物件所有者の方々にとっても、利点が多い為です。

新築の店舗は一切考えず、空き店舗を居抜き利用する事だけで店舗展開を図る企業も珍しくありません。

私共、ヒロ・コーポレーションでは、需要が高まる空き店舗の情報を、
全国の取引企業様にご紹介し、賃貸借の仲介を行っています。


店舗用建物が余っている時代です。

需要が高まる空き店舗物件ではありますが、そのどれもが需要の対象となるわけではないのが実情です。

現実に、従前のテナントが撤退後、長期にわたって空き状態となっている店舗物件をよく見かけます。バブル崩壊以後、景気下落の煽りを受けて撤退店舗が増加し、供給過多となったこと。道路整備等により旧店舗立地となってしまったこと等、その理由は様々ですが、テナント募集の情報が、早い段階から広範囲に知られなかったことも、大きな要因です。

 

空き店舗にならないために。

私共で成約させて頂く案件の多くは、退店告知後、既存店舗の営業期間中に契約が完了します。つまり、既存のテナントが営業をし、賃料の支払いも為されている時点から、退店後のテナント候補を探し、交渉を進めさせて頂くのです。

これは、従前テナントが撤退を完了し、空き状態となった店舗物件には、「他社が避けた物件と思われやすい」「開業後のイメージがつかみにくい」等といった悪影響が生じてしまい、賃貸が困難となってしまう為です。

賃料収入がストップし、尚且つ借主が決まりづらくなる事態に陥らない為に、早めの対応と、情報開示が必要なのです。


待ちの姿勢ではいけません 。

店舗物件に「テナント募集」と書かれた張り紙を掲げているのを、見かける時があります。

しかしながら、アパートの入居者募集等とは違い、店舗物件では、その入居対象は地域に限定されません。それは、物件規模が大きくなればなるほど、そう言えます。月額数十万円〜数百万円にもなる店舗物件の賃料を支払えるテナント企業を、地元だけで捜すのは至難の業と言えます。ですから、出店希望者が物件を見つけてくれるのをただ待つだけでは、時間だけが無常に過ぎていくのみとなってしまいがちです。

店舗物件にテナントを誘致する場合においては、「待ち」ではなく「攻め」の姿勢をとることが必須となるのです。また、弊社では店舗物件仲介の専門である経験と実績により、物件特性を判断し、適合業種や企業を絞った上でご提案させて頂く体制を取らせて頂いておりますので、無駄に情報が流出する事を懸念されますオーナー様もご安心下さい。

空き店舗物件につきまして、ご相談、ご情報がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。お問い合わせに対する費用は一切不要です。


※ここで言う「広範囲」「情報開示」とは、弊社業務体制を踏まえた上でのものです。無作為に情報をばら撒く行為を指すものではありません。
また、テナント企業との交渉等、全ての業務活動は水面下にて行い、守秘情報は細心の注意を払い管理致します(弊社業務体制に関する詳細は、業務案内ページをご覧下さい)。



このページのTOPへ
会社案内
業務案内
物件情報
店舗物件所有者の方へ
お問い合わせ
info@hiro-corporation.jp











































































Copyright(C) 2006 HIRO CORPORATION. All Rights Reserved. お問い合わせ 本サイトについて プライバシーポリシー リンク